2週間で自分に自信がつく できたこと日記③

こんにちは。

パートナーシップ コンサルタントのいけだあやです。

前回までの記事「2週間で自分に自信が持てる出来た事日記 ①②」では、出来た事日記の概要をご説明させて頂きました。

今回は、出来た事日記を実際にどうつけていくのか?のお話をさせて頂きます。

①②をまだお読みになられていない方は、先にそちらを読んで頂いてからの方が分かりやすいですので、先にそちらをお読み下さい( ´ ▽ ` )ノ

■出来た事日記を書く前に

出来た事日記は、2週間取り組んで頂くワークです。

3日坊主になりやすい方は、2週間なかなか続かず、書き続ける事が結構大変だと感じられるかもしれません。

でも、自己変化を作っていくなら、習慣にも勝利していく事も必要です。

習慣を変化させるチャレンジとし、例え初めは中々続ける事が出来なかったとしても、ご自身を責めたりせず、

「習慣を造ってるんだ!」

という気持ちで、2週間取り組んでみて下さい。

2週間後に、ご自身に対する感じ方が少し変わっているはずです。

■実際の書き方

①ノートか日記を用意します。

②そこに、絶対比較して(昨日の自分と今日の自分を比べてみて)、出来た事や出来るようになった事を3個以上書きます。

例:

1.朝気持ちよく起きれた。

2.仕事がスムーズ終わった。

3.仕事帰り同僚のA子とお買い物に行けて楽しかった。

などなど、書く内容は何でも大丈夫ですし、いつもは見落としてしまうくらい、本当に些細だと思ってる事で大丈夫です。

この時に大切なのは、相対比較をしない事です。

周りより出来てるかどうかは考えず、昨日の自分と今日の自分を比べる絶対比較をしてください。

相対比較と絶対比較の違いは、『前編』をご覧ください。

■書くときの注意

日常の些細だと思う事こそ、それに喜べた時グレートな事に変わります。

出来た事日記を書くときは、些細だと思ってる事もしっかりキャッチして、書き出してみる事が大切です。

出てきたものに、こんなものたいした事ないとジャッジをせずに、発見を楽しんでください。

また、初めは誰でも完璧には出来ないものです。

少しづつ習慣になってくると毎日書けるようにもなってきますので、焦らず取り組んでいきましょう。

習慣になりにくくて、2週間書き続けられない方は、出来てる日だけカウントして通算2週間書けたら大丈夫です。

やり続けるよりも、出来た事の発見を楽しむ方が大切ですので、ぜひ出来た事の発見を楽しんでチャレンジしてみてくださいね!




今ある悩みを解決するには、心を仕組みで整理するセッションがおススメです!
自分のおちいりやすいパターンが理解できて、その解決法が分かればハマり続けていた迷路から抜け出すことができます♪

セッションのモニターは、東京と大阪で毎月5名まで!!
今ならモニター枠に、まだ若干名の空きがありますので、ご希望の方・気になってる方・ご質問などなど、まずはお気軽に連絡ください。


セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いけだ あや

CoCoRoad Communication代表。某ブライダル雑誌の制作ディレクターを経験。『新しい女性の生き方モデル』『壊れない関係性づくり』のお手伝いに奮闘中。