コミュニケーションがずれる原因とは?!

皆さん、こんにちは。

パートナーシップ コンサルタントのいけだあやです。

ブログにご訪問いただきありがとうござます。

恋人や友人、会社の人など、周りの人とのコミュニケーションで、伝えたい意図とズレてしまったことはありますか?

『自分が伝えたい事がちゃんと伝わらない』

『相手が言ってることをやったつもりなのに何故か文句言われてしまった』

など、コミュニケーションはずれてしまうことが多くあります。

では、どうして、コミュニケーションはズレてしまうのでしょうか?

それには、無意識で行っている意外な事が、コミュニケーションのズレを引き起こしています。

これさえ分かれば、ズレを少なくする事が出来ますので、今日はその仕組みをご説明します。

コミュニケーションが良くズレてしまう時は的確に確認作業を行わず、見込み発車をして事が多いのではないでしょうか。

例えば上司から、

『16時までにこれやっておいて。』

と言われた時、貴方はどう答えますか?

多くの方が、

『はい!分かりました!』

と答えるでしょう。

勿論、いつもやる作業や簡単な作業でずれる可能性が無い場合には、この答えで問題はありません。

でも、普段やり慣れない作業で少し複雑な指示なら、頼んだ側と頼まれた側にズレが起きる可能性があるので、受け取った指示が間違ってないか確認する必要があります。

コミュニケーションが良くズレてしまう方は、この時確認をせずに、

『頼まれたから、これをやれば良い!』

と、思い込んで作業を行ってしまいます。

そして、実際作業が終わって上司に報告したら、上司がやって欲しかった事とズレていたなんてことも。。

逆に、上司側の立場の方は、指示した事がズレる可能性がある時は、指示された人がちゃんと受け取っているか確認する必要があります。

勿論会社での中だけでなく、日常の友達との関係性やパートナーとの関係性でも、このズレは起こります。

また、確認作業不足以外にも、実はコミュニケーションがズレてしまう根本原因があるのです。

それは、コミュニケーションで使っている『単語のイメージ』がズレるからなのです。

例えばですが、アップルと言って何をイメージしますか?

丸くて赤いりんごイメージする人もいるかと思います。

中には、アップルコンピュータとか、スティブジョブズをイメージする方や、生産に関わってる方であれば、青森県というりんごの産地をイメージされる方も。

1つの単語を聞いただけでも、様々なイメージで受け取ります。

これを常に行っているので、沢山の単語を使う会話で、コミュニケーションがズレてしまうのです。

そこで大事なのは、先ほどもお伝えしましたが、自分が受け取ったイメージが、正しく受け取れているのか確認をする事です。

また伝える側も、相手にこちらの伝えたい事が伝わっているかどうかを確認する事です。

コミュニケーションがズレてしまう事を理解して、日々確認作業していくとコミュニケーションのズレは少なくなりますので、ぜひ日常生活で活用してみてくださいね。




今ある悩みを解決するには、心を仕組みで整理するセッションがおススメです!
自分のおちいりやすいパターンが理解できて、その解決法が分かればハマり続けていた迷路から抜け出すことができます♪

セッションのモニターは、東京と大阪で毎月5名まで!!
今ならモニター枠に、まだ若干名の空きがありますので、ご希望の方・気になってる方・ご質問などなど、まずはお気軽に連絡ください。


セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いけだ あや

CoCoRoad Communication代表。某ブライダル雑誌の制作ディレクターを経験。『新しい女性の生き方モデル』『壊れない関係性づくり』のお手伝いに奮闘中。