仕事が忙しくて心が休まらない!そんな時ほどココロに効く!最高のお薬とは?〜その2〜

仕事をがんばる女性の味方、ライフクリエイトデザイナーのわかばやしみきです。

今回は、前回に引き続き、「仕事が忙しくて心が休まらない!そんな時ほどココロに効く!最高のお薬とは?」についてお伝えします。

前回では、本当の意味で心を休めること。それは観点を全てゼロ化することからスタートできます。というお話しをさせていただきました。

ゼロ化するために必要なのが、「観点の問題」を知ること。

ん?そんなこと聞いたこともないって?
心を休めることに何が繋がるかって?

あんまり聞きなれない言葉かも知れませんが、心を休めることに大いに繋がっています。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

仕事が忙しくて心が休まらない!そんな時ほどココロに効く!最高のお薬とは?〜その1〜

2018.07.20

観点のファーストステップ!「この世界をどう見るか」

観点は私たち人間は誰もが持っています。

観点とは、簡単にいうと、 「ものの見方」 「この世界をどう見るか」 ということです。

私たちの目の前に広がる全ての現象は、「観点の解析の結果」になります。

ですので、今あなたが見ている世界は全て、あなたの観点の解析の結果になるのです。

例えば、仕事のことで頭がいっぱいの場合、
あなたは何をしていても、仕事のことを考えていませんか?

仕事のことで頭がいっぱいの場合、どんなことをしていても、目の前のことに向き合うことはできません。

恋人と楽しいデートのはずが、仕事で焦った観点を持ったままだと、相手にも焦ったコミュニケーションを取ってしまって、全然楽しめなかったー、ということはありませんか?

私たち人間は、本来ならば今ここの出会いを楽しむべきなのに、観点が邪魔をしてそうさせてはもらえません。

観点を全てゼロ化する前に、今あなた自身がどんな状態で、目の前の世界をどう見ている状況なのかを知ること、
つまり<現在地>を知ることからスタートします。

観点6つの問題

では、観点の問題についてお話しさせていただきます!
今回はざっと説明するだけになりますが、観点のことをもっと深めるイベントも今後開催予定ですので、
こちらのサイトで別途ご連絡させていただきますね!

 

観点の問題

(1)認知・非認知
観点の問題がわかっていても、観点の問題から自由になれない
観点の問題がわからないと、相手そのものを否定することになる

(2)異質・同質
観点がバラバラの状態だと摩擦・衝突
観点をみんな同じにしてしまうとロボットのようになってしまう

(3)固定・流動
観点が固定してしまうとマンネリ。無感動。
観点が流動的だとアイデンティティが定まらない。

(4)自発・多発
自分で作った観点は共有できない
自分で作った観点ではないので自信が持てない

(5)否定・肯定
相手の観点を否定したら相手が傷つく
相手に観点を肯定をすると相手に従わなければならない

(6)完全・不完全
自分の観点が完全と思ったら頑固になる
自分の観点を不完全と思ったら自信がない

いかがですか?
観点のこと、観点の問題を深めることで、仕事もプライベートも今ここ最高の出会いができるあなたになっちゃいましょう!

 




今ある悩みを解決するには、心を仕組みで整理するセッションがおススメです!
自分のおちいりやすいパターンが理解できて、その解決法が分かればハマり続けていた迷路から抜け出すことができます♪

セッションのモニターは、東京と大阪で毎月5名まで!!
今ならモニター枠に、まだ若干名の空きがありますので、ご希望の方・気になってる方・ご質問などなど、まずはお気軽に連絡ください。


セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA