女性ホルモンのバランスを整える大豆食品を賢く上手にとる方法

心のしくみから、身体と関係性を整える薬剤師の、やまだじゅんこです。
今回は、女性ホルモンのバランスを整える、大豆食品を上手に取り入れる方法を紹介します。

大豆イソフラボンとは?

大豆イソフラボンは、主に大豆の胚芽の部分に多く含まれている、フラボノイドの一種です。大豆の「えぐみ」の原因物質としても知られています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ているため、体内に吸収されると女性ホルモンと似たような働きをし、女性ホルモンのバランスを調整する作用があると言われています。
女性ホルモンは、肌をきれいにしたり、血管をしなやかにしたり、骨を強くしたり、女性を美しく健康にする女性の味方!
また、大豆食品には、タンパク質、ビタミンB群、ビタミンEなど、健康をキープする上では欠かせない成分も多く含まれています。
毎日の食事に大豆食品を上手に取り入れて、健康と美しさをキープしましょう!

大豆イソフラボンが含まれる食材

納豆、みそ、しょうゆ、豆腐、豆乳、きなこ、おから、などなど。
和食に使われる食材や調味料が多いので、1日に1食は和食を取り入れるたり、スイーツを食べるときも、きなこやおからなどの素材が入ったものをチョイスするとよいですね。
豆乳は、スーパーやコンビニで手軽に買えるので、ランチのお供や仕事の合間の水分補給などに最適です。

取り過ぎ注意

大豆イソフラボンをサプリメントでとるときは、注意が必要です。
大豆イソフラボンは、主に配糖体として存在しますが、糖部分が分離したものをアグリコンといい、食品から摂取された大豆イソフラボン配糖体は、腸内細菌によって、大豆イソフラボンアグリコンに変換され、腸管から吸収されます。
大豆イソフラボンのサプリメントは、配糖体型のものとアグリコン型のものがあり、配糖体型のものを食品からの摂取を超えない量でとる場合は問題ありませんが、アグリコン型を大量に長期とる場合は、安全性は確立されていません。
大豆イソフラボンは、適量をとれば、女性ホルモンと似た働きをして、美肌効果、血流量アップなど嬉しい効果が期待されますが、過剰に長期摂取することで、逆に女性ホルモンの作用を阻害したり、乳がんなどの女性特有疾患のリスクを高めるという報告もあります。
また、大豆食品ばかり取り続けることで、大豆アレルギーの原因になることもあるので、多様な食材をとってバランス良く栄養素を取り入れる必要があります。

まとめ

日本の食経験や人の臨床研究に基づき、内閣府の食品安全委員会が設定した、大豆イソフラボンの1日摂取目安の上限は、70-75㎎(大豆イソフラボンアグリコンとして)です。
大豆製品に換算すると、

・納豆2パック(1パック45g)     (大豆イソフラボン約71 mg)
・豆腐1丁(300g)           (大豆イソフラボン約80 mg)
・豆乳2パック(1パック200g)    (大豆イソフラボン約82 mg)
・きな粉大さじ8杯(大さじ1杯で6g) (大豆イソフラボン約77 mg)

食品から適量を、毎日取り入れることが、健康をキープするのによさそうです。
仕事などが忙しい時は、手軽に豆乳で、じっくり自炊できるときは、和食や豆腐料理をメニューにとりいれてみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村




今ある悩みを解決するには、心を仕組みで整理するセッションがおススメです!
自分のおちいりやすいパターンが理解できて、その解決法が分かればハマり続けていた迷路から抜け出すことができます♪

セッションのモニターは、東京と大阪で毎月5名まで!!
今ならモニター枠に、まだ若干名の空きがありますので、ご希望の方・気になってる方・ご質問などなど、まずはお気軽に連絡ください。


セッション

ABOUTこの記事をかいた人

やまだじゅんこ

nTechアテンダー×薬剤師☆ 心のしくみを使って、心と身体、関係性を再創造するアテンダー。自分自身の心を自由自在に活用し、つながり力を発揮する女性で世界を満たしたい!そんな思いで活動しています。