栄養たっぷり!メープルシロップの魅力☆

心のしくみから、身体と関係性を整える薬剤師の、やまだじゅんこです。
先月末から、カナダへ旅行へ行ってきたのですが、今回は、そこで出会ったメープルシロップの魅力について紹介したいと思います。

メープルシロップとは?

メープルシロップは、カエデ科カエデ属に分類される樹木のであるサトウカエデの樹液を煮詰めて水分を飛ばした天然甘味料です。
カナダの北東部ケベック州が最大生産地で、全世界の70%以上のメープルシロップがこの地で生産されています。
収穫時期は春先の3月から4月中旬のほんの3週間くらいです。
この時期にサトウカエデから集められた樹液を煮詰めてろ過したものがメープルシロップなのですが、40リットルの樹液からとれるメープルシロップは1リットルほど。
寒暖の差が激しく、厳しい自然環境を乗り越えるために、樹液には、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれる、まさに天然サプリと言える希少価値の高い天然甘味料、それがメープルシロップです。
パンケーキやワッフルにかけていただくのが一般的なイメージですが、アイスクリームやヨーグルトにかけたり、コーヒーや紅茶に砂糖代わりに入れたり、料理に使ったりと、使い道は多様。

メープルシロップのグレードと使い方

カナダ産のメープルシロップは、厳しい基準により、4つのグレードに分けられます。
分類基準は、採取時期、色、風味で、同じサトウカエデの樹木から煮詰めたシロップでも、採取時期によって色が異なり、採取時期が早いほど糖度や栄養分は豊富で、後になるほどメープルシロップの風味が増していき色は濃くなります。

ゴールデン(デリケートテイスト)

最も採取時期が早い時期にとれるのがゴールデン。
早い時期に採取される樹液は糖度が高く、加熱時間が短いため、淡い色調で繊細な味わいのシロップになります。
パンやヨーグルトなどに直接かけて食べるのがおすすめ。

アンバー(リッチテイスト)

ゴールデンの後に採取されるのが、アンバー。
いわゆるメープルシロップの美しい琥珀色。
市場にでている大部分がアンバーに分類されるものです。
パンなどにかけて食べるのもいいですが、料理やお菓子に使うのもおすすめ。

ダーク(ロバストテイスト)

アンバーより後の採取時期にとれるのがダーク。
アンバーよりさらに、メイプルの味や風味が引き立つため、肉や魚料理に適しています。

ベリーダーク(ストロングテイスト)

採取時期の最後にとれるのがベリーダーク。
あまり市場には出回らず、業務用として使われることが多いようです。

メープルシロップの栄養素

サトウカエデの生息地は、夏は30度以上、冬はマイナス30度と温度差が大きい過酷な環境。
樹木は夏の間に内部にためたでんぷんを糖に変換し、厳しい冬を乗り越えます。
雪解けの時期になると、樹木は夜間に大地からミネラルたっぷりの水を吸い上げて、昼間に糖分をわずかに含んだ樹液を出します。
この樹液を煮詰めたメープルシロップには、天然のビタミンやミネラルを含む栄養をが豊富に含まれています。
砂糖、はちみつなどと比べても、カロリーは低く、栄養価は段違い!

引用:メープルシロップ7栄養価比較表(ケベック・メープル製品生産者協会)

甘味料としてはちょっとお値段高めですが、砂糖の代用として、日々のティータイムや料理に取り入れることで、自然に天然ビタミンやミネラルを摂取できそうです。
メープルシロップの詳しい有効成分や嬉しい効果については、次回お知らせしますので、楽しみにしてくださいね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村




今ある悩みを解決するには、心を仕組みで整理するセッションがおススメです!
自分のおちいりやすいパターンが理解できて、その解決法が分かればハマり続けていた迷路から抜け出すことができます♪

セッションのモニターは、東京と大阪で毎月5名まで!!
今ならモニター枠に、まだ若干名の空きがありますので、ご希望の方・気になってる方・ご質問などなど、まずはお気軽に連絡ください。


セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やまだじゅんこ

nTechアテンダー×薬剤師☆ 心のしくみを使って、心と身体、関係性を再創造するアテンダー。自分自身の心を自由自在に活用し、つながり力を発揮する女性で世界を満たしたい!そんな思いで活動しています。