仕事でイラッとした時にやるべき3つのこと☆イライラを道具に心美人になる方法とは?

仕事をがんばる女性の味方、ライフクリエイトデザイナーのわかばやしみきです。

仕事中、誰かの言動や仕事がきっかけで、思わずイラッとすることってありませんか?

たとえば、自分は頑張ってやっているつもりなのに、上司に細かいミスを指摘されたりとか、良かれと思って後輩に教えたことを相手がほとんど理解してくれないとか。。。

後から思い出すと「なーんだ!」って思えるくらい自分にとって小さいことだったとしても、そのイラッを積み重ねるとかなり大きなイライラへと積み上がっていきそうですよね?

いくら表面的に美容をがんばっても、心がイライラしているようでは、美しさは遠のいてしまいます。

今回は、「仕事でイラッとした時にやるべき3つのこと☆イライラを道具に心美人になる方法」についてお伝えしていきます!

イラッとした時こそ美しくなるチャンス!
まずはイラッとした出来事の蓄積からスタート!

イラッとすることがあったとき、あなたはその気持ちをどのように扱っていますか?

我慢しちゃいますか?
それとも、パートナーや友達に愚痴りますか?

皆さんそれぞれ色んなことをしていると思いますが、この記事を読んでから、イラッとした時にまずやってほしいことは、
イラッとした出来事を簡単にメモをする
ことです。

つまり、イラっとしたことを意識化してほしいのです。

我慢したり、人に話すとその出来事自体を忘れてしまうこともあると思います。
もちろん、人に話してスッキリー!することもあるとは思うのですが、まずは、しっかり意識化からはじめましょう。
書き出すことで、自分がどんな状況の時に、どんな相手に対してイラッとしてしまうのか、自分自身のことがもっとよく見えてくるはずです。

これは「思い込み」?「事実」?
出来事を2つに分けてみよう!

その次にやってほしいことは、
イラっとした出来事を「事実」と「思い込み」で分けてみることです。

何が事実で何が思い込みかは、以下を参考にしてみてくださいね☆

◆事実 … 客観的に誰がみてもそうだ!と思えること。「電柱に鳥が止まっている。」「新宿行きの電車に乗った。」など。

◆思い込み … 相手の行動や言動、またはある場面に遭遇した時に、あの人こういう話をしていたから私のことこう思ったんじゃないか?など、相手に確認せずに、自分の解釈だけで納得して結論づけてしまうこと。

この仕分けをすることで、第一段階でイラっとしたことを書き出すよりもより、あなたの頭の中がよくわかってきます。

あなたがイラっとした出来事は、思い込みが多いですか?それとも、事実が多いですか?

思い込みが多い人は、自分の考えにハマるコミュニケーションが多い可能性が高いです。
私たち人間は誰でも無意識で「自分の考えが絶対正しい!」と思いがちですが、実際は相手は全然別の考えを持ってあなたとコミュニケーションしている可能性もあります。

これを機会に思い込みが多かった人はぜひ、イラっとしたら、相手の言動の真意を確認するようにしてください。
あなたがイラっとしたことは、もしかすると、あなたの思い込みで勝手に判断して、あなた自身が「イラっとさせること」にしているかもしれません。

自分の思い方に気づくことでイラっとしてくることが減ってくるはずですよ〜。

メモで意識化 → 事実と思い込みを分ける を繰り返す!!

イラっとすることがあったら、出来事をメモして意識化することと、事実と思い込みで分けることを、ぜひ習慣化してみてください。
そうすることで自分の思い方のクセやコミュニケーションのクセが見えてくるようになるはずです。

イライラするごとに自分の心と向き合うことができ、心からきれいになる心美人になるチャンスがあなたにも訪れていますよ〜〜!!

まとめ

仕事でイラッとした時にやるべき3つのこと

  1. イラッとした出来事を簡単にメモに書き出し意識化する
  1. イラっとした出来事を「事実」と「思い込み」で分ける
  1. 1と2を繰り返して習慣化する
いかがでしたか〜?
自分のことがもっと知りたい方は個人セッションがおすすめです!
ぜひこの機械にもっと素敵な心美人になっちゃってくださいね^^




今ある悩みを解決するには、心を仕組みで整理するセッションがおススメです!
自分のおちいりやすいパターンが理解できて、その解決法が分かればハマり続けていた迷路から抜け出すことができます♪

セッションのモニターは、東京と大阪で毎月5名まで!!
今ならモニター枠に、まだ若干名の空きがありますので、ご希望の方・気になってる方・ご質問などなど、まずはお気軽に連絡ください。


セッション